紫外線と白髪

白髪予防に大切な要素として、意外と知られていないのが「UVケア」です。

 

UVケアと言えば、顔と手と首ばかり意識していませんか?
実は髪と頭皮も紫外線から守ってあげることが必要なんですよ。

 

日に当たればメラニンができていいんじゃないの?

 

さて、「白髪予防のためにUVケアが必要」と聞くと、違和感を覚える人もいるでしょう。

 

「髪に届けるメラニンをたくさん作るためには、むしろ日に当たったほうがメラニンをたくさん増やせる分、黒髪を増やしたりするのにも役立つのでは?」と思われるかもしれませんね。

 

ですが、この考えは間違いです。
確かに紫外線を浴びると頭皮のメラニン発生は活発になりますが、それはあくまで「紫外線の害が頭皮の奥まで浸透するのを防ぐために、頭皮を守ろうと必死になってメラニンを増やしているだけ」にすぎません。
頭皮を守ることで精一杯の状態なので、黒髪づくりにまで手がまわらないというのが実情です。

 

ですから「紫外線が頭部に当たる=黒髪ができやすくなる」という理屈は、まず成り立たないと考えていいでしょう。
それどころか、紫外線は頭皮と毛根に大きなダメージを与えて、むしろ、白髪の発生・増加を招いてしまうリスクのほうが高いのです。

 

紫外線が白髪の発生・増加リスクを高める理由

紫外線がなぜ、白髪の発生・増加リスクを高めてしまうのかというと、まず「紫外線によって、大量の活性酸素が発生し、それが頭皮や毛根の老化を早めてしまう」というのが挙げられます。

 

つまり「加齢による白髪」が加速するというわけですね。

 

また、紫外線が強すぎると、頭皮や毛根に炎症が発生することさえあり、これも頭皮・毛根を大いに弱らせてしまうことは言うまでもありません。

 

そして、紫外線にはもう一つ、恐ろしい白髪リスクがあります。

 

それは、「色素を作る元となる色素幹細胞のDNAを、紫外線が損傷・破壊してしまう」ということ。
色素幹細胞は、黒髪にするための色素細胞を作るのに不可欠な存在なので、これが完全に破壊されてしまうと、もうその部分の髪は、何をどうやっても黒髪には戻らないのです。

 

日傘や帽子を活用しよう!

 

というわけで、頭部に降り注ぐ紫外線による白髪リスクというのは、相当高いと言えます。

 

だからといって「髪の毛をかきわけて日焼け止めを頭皮にくまなく塗る」というのは、頭皮のベタつきや、日焼け止めの塗りムラなどの問題も出るので難しいですよね。

 

頭部のUVケアは、UVカット加工をほどこした日傘や帽子を使うほうがおすすめです。

 

ただし、帽子はかぶりっぱなしだと蒸れによる雑菌繁殖のリスクが高まりますので、基本的には「徒歩での外出時は日傘を利用して、自転車に乗る時などに帽子をかぶる」というスタイルにするといいでしょう。