頭皮の血行を促進するための入浴

毛根に十分な酸素と栄養を与え、白髪発生を少しでも遅らせるために不可欠な要素のひとつとなるのが、「頭皮の血行促進」です。

 

そのために役立つ手段となるのが、日々の入浴。

 

どんな入浴をすれば、頭皮の血行促進により役立つようになるのか、そのコツをご紹介しましょう。

 

まずはシャワー入浴をやめよう!

入浴を、頭皮の血行促進タイムとして役立てたいのであれば、「シャワーだけで済ませる」という習慣は改めるべきです。

 

シャワー入浴には、血行促進の作用はほとんどありません。
むしろ寒い季節などは「寒さをガマンすることで血管収縮による血行不良が起こりやすい」とさえ言えるのです。

 

湯船入浴で体をしっかり温めてこそ、首を通じて頭部への血行改善にもつながるのです。

 

ただし、熱いお湯での入浴はNG!
42℃以上のお湯に浸かると、「熱すぎるお湯への防御反応」として、これまた血管が収縮してしまうリスクが出てくるんですよ。

 

冬場なら40℃程度、夏場なら37〜38℃程度が適温とされています。
15分ぐらいゆっくりお湯に浸かって、体をしっかり温めましょう。

 

「入浴中は湯船に2度入る」という人は、10分+10分の、合計20分の湯船入浴がおすすめですよ。

 

寒い季節は浴室を温めておこう!

冬場などは「寒い浴室に裸で入る」という行為自体が、血管を収縮させてしまうことにつながりますので、入浴で血行促進をしたいなら、入浴前に浴室を温めておくことをおすすめします。

 

「浴室暖房や浴室乾燥機で温める」「ファンヒーターの温風を浴室に吹きつける」「お湯シャワーを事前に1分ぐらい出して、湯気で浴室を温める」などといったやり方が効果的ですよ。

 

湯船入浴での血行促進効果をさらに高めるコツ

湯船入浴における血行促進作用をさらに高めたいのであれば、「湯船に日本酒または未精製の天然塩を入れる」というのがおすすめです。
日本酒なら1合から2合、天然塩なら大さじ3〜4杯程度を湯船に入れると、ちょうどよい感じになります。

 

どちらも血行促進効果が高く、ポカポカと芯から温まりやすくなりますよ。
ただし、よく温まる分、発汗作用もありますので、入浴30分前に水分補給をすることを忘れないで下さいね。

 

また、のぼせやすい体質の人は、安全のため、最初は日本酒や塩の量を標準量の3分の1ぐらいにしておくのがおすすめ。問題なさそうなら、2回目以降、少しずつ増量しながら様子を見て下さい。

 

湯船の中での頭皮マッサージもおすすめ!

湯船入浴をしている際に、頭皮マッサージをするのも、血行促進効果を高めるのに役立つ手段です。湯船の温熱効果で血管が拡張している分、普通に部屋で頭皮マッサージをするよりも高い効果が得られやすいんですよ。

 

肩と首を軽く回すなどして、上半身を少しほぐしてから、指の腹で頭皮をつかむようにしてマッサージしてみましょう。

 

こめかみ部分・前頭部・後頭部(特に首の付け根に近い部分)あたりのマッサージを重点的にやると、効率のいい血行促進効果が得られますよ。

 

ただ、シャンプー後の濡れた状態でやると、デリケートになった髪や頭皮を痛めかねませんので、その前に行うようにしましょう。