ヘナ使用の白髪染めについて

白髪染めの安全性を重視する人にとって、「染料の元となる色素が天然成分なのかどうか」というのも重要なポイントですよね。

 

石油由来で、発がん性リスクまで指摘されているタール系色素なんて、絶対に避けたい色素の代表格と言えます。

 

そして、「できるだけ天然の色素を」と求める人にとって、人気が高いものの一つとして挙げられるのが「ヘナ」です。
「ヘナを使っている白髪染めなら、天然由来だから安心」と思われるのでしょう。

 

しかしちょっと待って下さい。その考えには、大きな落とし穴がありますよ!

 

知っていましたか!?ヘナだけでは、黒くは染まらない!

ヘナ配合の白髪染めを選ぶことに、なぜ落とし穴があるのかというと・・・

 

「そもそもヘナだけでは、絶対に白髪を黒く染めることはできない」という現実があるからです。

 

ヘナの色素は、赤褐色ーこの色素だけで白髪を染めた場合、髪は赤っぽい色またはオレンジに近い色に染まるのです。

 

そんな仕上がりですから、「元々が相当に明るい茶系の髪」という人でない限り、ヘナ「だけ」での染め色には、絶対に不満を感じてしまうはずなのです。

 

ですが実際には「ヘナ配合で、しかも黒々染まる」という趣旨の白髪染めが多いですよね。
一体なぜ、黒く染めることができるのか!?
大きな落とし穴は、そこにあるのです。

 

ヘナ配合の白髪染めに、ヘアカラー・ヘアダイ成分が含まれている!

「ヘナ配合で、黒く染まる白髪染め」の落とし穴とは何かというと、「ヘナという成分名で天然由来なイメージを出しておきながら、実は髪や頭皮に対するリスクが大きいヘアカラー・ヘアダイ成分を使っているケースがきわめて多い」ということです。

 

ですから「ヘナ使用」「ヘナ配合」と書かれている白髪染めがあったとしても、それだけで「天然由来で安全そう」と飛びつくのは禁物なのです。

 

そもそも天然由来の色素で髪を染めるなら、日本人の黒髪に対しては、ヘナを使うよりもっと「髪に近い色に染め色」を実現できる方法もちゃんとあります。

 

たとえば、クチナシ・ウコン・シコン・アナトーの色素を組み合わせれば、「あらゆる色を出すために必要な、青・黄・赤紫の3原色が揃う」という形になりますので、日本人の髪色に近い色合いもちゃんと出せるわけです。

 

つまり、「天然由来の色素で染めるにしても、ヘナだけでは黒く染まらないし、そもそもヘナにこだわる必要がない」「他にも有効な天然由来色素があるので、そちらを選んだほうが無難」というわけですね。