白髪を増やさないために、食生活でほしい栄養分

白髪の発生時期や量を左右する大きな要素の一つとして挙げられるのが、「食生活」です。

 

白髪の発生時期を少しでも遅くするために、白髪の量を増やさないために、特に必要となる栄養分は何なのでしょうか?

 

ここではそれについてお話ししましょう。

 

まずはたんぱく質が必須!

まず必要となる栄養素は、「たんぱく質」です。
何と言っても髪と頭皮の主原料ですからね。

 

肉・魚・乳製品・卵・大豆製品などをバランスよくしっかり食べ、毎日のたんぱく質摂取を心がけましょう。

 

女性はカロリーを気にしすぎるあまり、「たんぱく質食品をちゃんと食べているつもりでも、実はたんぱく質不足」というケースがよくあります。
たんぱく質そのものはカロリーがあっても、体脂肪になりにくいので太る心配はあまりないのですが、それを知らずにたんぱく質食品を控えてしまう女性が多いんですよね。

 

髪と頭皮の原材料を不足させないために、「毎食必ず、たんぱく質食品を摂取する」ということを心がけましょう。

 

たんぱく質以外の重要な栄養素

では、たんぱく質以外の白髪を増やさないための重要栄養素を挙げていきましょう。

 

ナッツ類やうなぎ、魚の卵などに多く含まれている「ビタミンE」−抗酸化作用による髪や頭皮の老化抑制と、頭皮の血行促進に有効です。

 

海藻類に多く含まれている「ヨード(ヨウ素)」−メラニンを作るためのメラノサイトを活性化させ、さらに髪の成長にも働きかけます。

 

チーズなどの乳製品や青魚に多く含まれている「チロシン」−メラニン色素の元となります。

 

たんぱく質を多く含む食品全般に含まれている「フェニルアラニン」−チロシンの合成に役立ちます。

 

牛や豚のレバー・うなぎ・いか・エビなどに多く含まれている「銅」−チロシンからのメラニン生成を促進します。

 

レバー類や大豆・煮干し・あさり・はまぐり・海藻類などに多く含まれている「鉄」ー血液が十分な酸素を頭皮と毛根に運ぶために欠かせない存在です。

 

生野菜や果物に多く含まれている「ビタミンC」−高い抗酸化作用による細胞老化抑制とコラーゲン生成に役立ちます。

 

緑黄色野菜に多く含まれている「ビタミンA(ベータカロテン)」−高い抗酸化作用と頭皮を健康に保つ作用がすぐれています。

 

こうして見ると、白髪を増やさないための食生活というのは、月並みな言い方ですが「バランスのいい食生活が大切」ということが分かりますね。
あなたの日々の食生活と見比べて「これはあまり食べていないな」というものがあれば、ぜひ今後の食生活に取り入れるようにしてみて下さい。